もやもやしたら、ブログに書いて解消。

実家と義実家はともに遠方で、なおかつ夫の帰りが遅いため普段はワンオペで2歳男の子の子育てをしております。
2歳の男の子はやんちゃで、癇癪を起こすことも多く、日頃からストレスを抱えることが多いです。
また息子は年齢の割に発達が遅れており、いまだに意味のある言葉を一つも話すことができず、お互いに意思疎通がとれないため、どうしたらいいかわからず、これもまた私にとっては悩みの種になっています。
しかも今は地元を離れて生活しており、今の地域は住み始めて1年未満で友達もおらず、日中の話し相手は息子しかいません。

そのため中々愚痴を吐き出す場所がなく悩んでおりました。
そこで、私の場合は子育てブログを立ち上げて、そこに日頃の子育ての愚痴などを書き込んで気分をすっきりさせています。
書いたブログに対して見てくれてる方から反応もあり、普段の子育てでは得られないちょっとした成果も感じられて私にとって心地のいいストレス解消の場となっています。

職場の先輩はものすごく仕事ができる人なのですが、自分の思った通りに事が運ばないと、後輩にとにかく八つ当たりをしてきます。
上司には何も言わないのに、周りに人がいない場所に呼び出しては怒鳴り散らすことを繰り返すばかりです。
先日ついに私もその餌食になり、会社の廊下で私の振る舞いについて攻撃されるようになってしまいました。
もちろん上司には相談しましたが、上司はそんな姿を知らないので取り合ってくれないため、仕事があるとしてもできるだけ関わりを最低限にするように気を付けています。

それでもいつ怒鳴られるか分からない恐怖感からストレスがたまるので、会社からの帰り道に1つご褒美を買うことにしています。
コンビニに行って新作のスイーツを買ったり、お酒を買ったりして、家に帰ってコタツで食べています。
コタツで食べている間は温もりと買った食べ物やお酒の美味しさでかなり幸せな気分になるので、家にいる間は平穏に過ごすことができています。

美ボディをサポートする骨盤矯正下着!

水着ファッションはここで差をつけよう!

水着になったときの、自分の後ろ姿、どこがポイントだと思いますか?
自分の後姿はなかなか見づらいのでチェックが甘くなりがちですよね。
水着のデザインやカラーはすごくチェックするけど、実はそうじゃなくって。意外な部分が水着になるときのポイントになります。

それは、水着自体でもボディラインでもなくて、お肌。可愛い水着を来ていても、セクシーなボディでも、水着だとけっこうお肌が露出するので自分以外にはけっこう見えちゃう部分なのです。

そして、背中は大きくあいているデザインが多いのでけっこうチェックする人がいるのですが、問題はお尻。お尻と言っても、水着とのキワの部分、お尻と桃の境目あたりの、水着から出る部分。こここが要注意なんです。なぜって、お尻のこの部分って、いろいろな理由で黒ずんでしまっていたり、シミが点々と出てしまっている人がいるんだそうです。でも、ここがそういう状態だと、清潔感が感じられなくなってえしまうんです。なのでせっかく気合を入れたのに大原点になりかねないのです。

特に、以前にニキビがたくさんできた記憶がある人、それに最近リモートワークになって1日中座りっぱなしだとかいう人は要注意だそうです。なぜかというと、お尻のニキビの跡などがシミや肌の黒ずみになってしまう理由は、「刺激」なのだそうです。そして、お尻って、同じお肌でも顔と違ってずっと刺激を受けている場所なのだそうです。ずっと座っていて体重で圧力がかかっていたり、下着やジーンスなどが常に触れてる。つまり、絶えず刺激を受けている状態なわけで。体がその刺激に反応してメラニンを生成してシミになってしまいやすいそうなんです。

これも誤解なんですが、「シミって紫外線でできるんじゃなかったの?」と思いますよね。実はシミの原因は紫外線だけではなく、刺激でも出来るんだそうで。つまり、お肌へのストレス(刺激)がきっかけになってメラニンが出てくることがあるので、ほぼ日に当たらないお尻の肌でもシミが発生してしまうんだそうです。

と言うわけで気になる人はチェックしてみたほうがいいそうです。全身鏡にお尻を映してそれでも見づらい部分なのでちょっと持ち上げてみるとお尻の皮膚がどうなってるのかチェックすることができます。

で、「これはちょっと水着になれないかも….まずい」思った人。

まだ今ならお肌のターンオーバーでシミが薄くなる可能性もあるのでお手入れ頑張ったほうがいいみたいです。シミケア製品は塗ってすぐにシミが消えるというものではなくて、お肌のターンオーバーを待たなきゃならないから、シミが消えるにはしばらく時間がかかるのです。

こんな製品を見つけました。この製品、お尻だけじゃなくて全身に使えるので、例えば背中やうなじ、Vゾーンなど、やっぱりシミや黒ずみが気になるところに塗って一緒にお手入れできます。

気になる人はこちら